新入社員を判断する前に

適性&パーソナリティ

新入社員を迎えてもすぐに辞めてしまっていたり、続いていても予想と大きく違うと違和感を覚えていたりしませんか?
新入社員を迎える際には適性診断を必ず行うとは思いますが、診断結果を漠然ととらえていないでしょうか。
適性診断を行った後は分析と把握が必要です。

分析を行う前準備として、複数の現有社員に対して適性診断やパーソナリティ診断、基礎能力診断を行いましょう。返ってきた結果によって今の社風、どのような社員が多いのかといった分布を把握し、必要となる社員の適性を見極めることができるのです。
その際には、付属するツールを使うことによってより客観的に集計、分析を行うことが可能です。
この結果と新入社員、または採用予定の社員の各種診断結果を比較することで必要な人材なのかどうかといった判断の助けとすることができるとともに、新規採用者の「合わないからやめる」といったことを減らし損失を抑えることにつなげられます。
また副次効果として、各人の得意な点、苦手とする点を浮かび上がらせることにもなります。適切な指導、配置の一助となります。

人材資源の無駄をなくし、有効利用をするためにも、新入社員にかぎらず現有社員にも一度適性診断を行ってみてはいかがでしょうか。
その際にはサイトウプラスをぜひご利用ください。


HOME > お知らせとブログ > 新入社員を判断する前に
お問い合わせ