リーダー育成に向けて

180度360度

リーダー育成がなかなか行えない、全体的な社員教育は行えるものの、リーダーに対する個別の指導、育成をする時間があまりない、チームの動きがぎこちない、ということはないでしょうか。
リーダーシップスタイル180度診断、リーダーシップコミュニケーション180度・360度診断、そして実践型リーダーシップ研修を行えばそのような悩みを解決できるかもしれません。

「リーダーシップスタイル180度診断」はPM理論によってリーダーシップの適性を表す診断です。本人(リーダー)と部下に対して質問を行い、その結果によって現在の集団維持能力や目標達成に向けたリーダーシップ力、チームの満足度などを判断します。
同時に現状、改善のポイントなどを具体的に指摘し、より良いリーダーとなれるようにお手伝いできます。
1回だけで終わらせることなく、複数回行うことで前回の結果からどれだけ意識改革を行えたかという点についても判断が可能です。

「リーダーシップコミュニケーション180度・360度診断」は上司(又は同僚)とリーダー(本人)、部下の3つの視点からコミュニケーション力を診断します。
指示がうまく伝わっていなかったり、会議が無駄に長引いたりしていませんか?
リーダー本人はうまくやれているつもりでも他の視点からはそうでない場合があります。
リーダーシップコミュニケーション180度・360度診断はそのような認識、意識のずれを浮きたたせることで意識改革をもたらし、チーム内のコミュニケーションをよりよくする助けとなります。

そして、問題を浮き彫りにしたのちには実践型リーダーシップ研修が有効です。
研修ではリーダーシップを発揮するために必要なポイントを、グループワークや個人ワークによって強化ができます。研修後、再び各診断を行うことでその効果をより実感できるでしょう。

次世代リーダー育成には、サイトウプラスをぜひご利用ください。


HOME > お知らせとブログ > リーダー育成に向けて
お問い合わせ