実践型リーダーシップ研修

リーダーシップコミニュケーション180度・360度診断

上司が変わる!社員のやる気に火がつく!
実践型リーダーシップ研修
~上司のコミュニケーションが会社を変える~
~こんなことありませんか!?~
  • 何度言っても指示通りの仕事をしない
  • できない理由ばかり並べる社員がいる
  • 上司のパワハラ・セクハラで悩んでいる社員がいる
  • 組織の雰囲気が重く、暗い
  • 社員に覇気がない
従業員50人に1人が労働相談で行政窓口へ!

厚生労働省が発表する「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況(下図参照)」によると、毎年100万件以上の労働相談が行政に集まっているそうです。

平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況

就業者人口がおよそ5,000万人とすると50人規模の会社では、毎年1人の社員が労働トラブルを抱え行政に相談している計算となります。
これは顕在化したものだけの数値で、潜在的な課題を抱えている社員まで含めると企業のリスクヘッジが益々求められていることがうかがえます。

労働トラブル裁判事例(名古屋地裁H17.4.28)

社員A氏は管理者B氏より50名分の顧客データを1週間で整理するよう命じられた。
A氏は無理である旨を伝えB氏と口論となる。

後日、B氏は社内ミーティングで
『個人の考えで仕事をやったり、やらなかったりするなら仕事を辞めてもらいたい』
『(A氏は)プライベート、ビジネスの立場を使い分け業務を混乱させている』
『(A氏の)仲間に対する援助の姿勢に疑問を感じる』
と公言し、ミーティングに参加する他の社員に対しても発言内容を誘導・扇動した。

その後、A氏はうつ病罹患のため約1か月休職することとなり訴えをおこす。
判決により、慰謝料500万円の支払いが会社に対して命じられる。

実践型リーダーシップ研修とは?
上司が変わる!社員のやる気に火がつく!
実践型リーダーシップ研修
~上司のコミュニケーションが会社を変える~

社員の目つきが鋭くなる、わずか3時間で激変!
社員間コミュニケーションがの活性化が、事業の成長スピードを加速させます!

  1. たった一言で社員のやる気が高まった
  2. コミュニケーションの取り方を変えただけで業績が上がった
  3. 社員の笑顔で社内が明るくなった

リーダーシップコミニュケーション


お問い合わせ